宗派別の主なお焼香作法

仏式のご葬儀では、通夜式・告別式にお焼香が行われます。

一般的な宗派ごとのお焼香の作法は以下の通りです。

・天台宗

(3回)

・真言宗

(3回)

・曹洞宗

(1回目は押し頂いて、2回目はそのまま落とします。)

・日蓮宗

(特に決まりはありませんが、3回が多いです。)

・浄土宗

(特に決まりはありません。)

・浄土真宗

<本願寺派>

(押し頂かずに1回)

<大谷派> 

(押し頂かずに2回)

・臨済宗

(1回目は押し頂き、2回目はそのまま落とします。)

※上記に記載している宗派はおおむね抹香を使用しますが、浄土宗に限っては抹香又は線香を使用します。

主な玉串奉奠(たまくしほうてん)作法

神道葬のご葬儀では通夜祭(通夜式)・葬場祭(告別式)に玉串奉奠(たまぐしほうてん)が行われます。

一般的な玉串奉奠の作法は以下の通りです。

 

神官様から玉串を頂き、頂いた状態で祭壇の前へ歩いて行きます。

祭壇の前に立ちましたらまず、神主様及びご遺族様・ご親族様に一礼をします。

その後玉串を両手で持ちながら祭壇に一礼をして、下記のような作法をします。

④の後はそのまま机の上に玉串を供え、祭壇を向いたまま2・3歩退き、二礼二拍手します。二拍手の際は忍び手といって音を立てずにします。

 

最後に再び祭壇に一礼をして、神主様及びご遺族様・ご親族様に一礼をして席へ戻ります。

主な献花作法

キリスト教のご葬儀では通夜祭(通夜式)・告別式に献花が行われます。

一般的な献花の作法は以下の通りです。

④の後はそのまま机の上にお花を供え、指を組んで黙祷又は一礼します。

 

その後2・3歩退いて神父様及びご遺族様・ご親族様に一礼をして席に戻ります。