御香典について

そもそもお香典の由来はその昔、「お香」「抹香」「お花」をお供えしたことから現在の「お香典」という形へと変化していきました。

 

お香典は包まなきゃいけないものなのかとまれにお客様からご質問を受ける場合がございますが、「絶対的に渡さなきゃいけなくそれが義務!」ということではないのですが、故人様へ追悼のお気持ち・お世話になった感謝の気持ちなど様々なお気持ちがある中でそれを形にしてお渡しするものなので、お香典を包んだほうがよろしいかと思います。

 

しかし、近年では返礼品などを考えるのが大変ということから「香典辞退」という姿勢をとられるご遺族様も少なくないようです。香典及びご記帳カードをお渡しする受付に「恐縮ですがお香典を辞退させていただきます」などの案内が出ている場合がございますが、それは建て前や遠慮などという意味ではなく、ご遺族様の意思ですので、その際は記帳カードだけを受付にお渡しされたほうがよろしいかと思います。

 

どうしてもお渡ししたいという方は、ご遺族様へ直接その気持ちをお伝えしてお渡しするほうがよろしいかと思います。

御香典袋について

〇仏式

通常の表書きは四十九日前だと「御霊前」、四十九日後だと「御仏前」になります。ただし、浄土真宗の場合は霊の存在がないとされていますので、浄土真宗に限り四十九日前でも「御仏前」が適当となりますのでご注意下さい。

 

さらにワンランク上の書き方としては、

「御香料 (ごこうりょう)」「御香資 (ごこうし)」「御香奠 (ごこうでん)」という風に書きます。

この書き方だと浄土真宗でも失礼にあたりません。


〇神式

仏式とは異なり神式ではその後の霊祭(仏式でいう法要)の前後で表書きが異なるということはございませんので、いつ渡しても表書きを変えなきゃいけないということはありません。

神式の表書きは「御霊前」でも問題はありません。

 

その他にも、「御玉串料 (おたまくしりょう)」「御榊料 (おさかきりょう)」「御神饌料 (ごしんせんりょう」「御神前 (ごしんぜん)」という書き方もございます。


〇キリスト教

キリスト教での表書きは「献花料」「お花料」が一般的な書き方です。

カトリックの場合は「御ミサ料」、プロテスタントの場合は「忌慰料」と表書きしても問題はありません。

 

表に百合の絵柄や十字架の模様がある場合はキリスト教の香典袋です。

 

急な訃報でキリスト教の不祝儀袋が用意できない場合は、白無地で双銀の水引でも失礼にあたりません。


〇無宗教(宗旨にとらわれない葬儀のこと)

一般的な表書きは「御霊前」と書きますが、「志」「御香資」「御香奠」などでも問題はありません。

御香典袋の書き方

〇ご夫婦でお香典を出した場合

ご夫婦によって参列する場合、それぞれお付き合いによって連名又は世帯主にするのが一般的です。

 

夫婦共にお付き合いがある場合は連名にしましょう。


〇夫の代理でお香典を出した場合

夫の代理で妻が会葬した場合は、画像と同様に夫の名前の近くに「内」と小さく書きます。その際、記帳カードにも同じように書き、受付に出します。


〇3名以内でお香典を出した場合

3名以内でお香典を出した場合は、目上の方から順に右から書いていきます。

中身の金額は一人ずつ、お付き合いの程度によって用意します。

 

中袋には、代表者の住所を記入したほうがよろしいかと思います。


〇4名以上でお香典を出した場合

4名以上でお香典を出す場合は「4名連名」ではなく「〇〇一同」と書いたほうがよろしいかと思います。

4名連名だと、「4」を「死」という風にイメージさせてしまう恐れがございますので、表書きには「〇〇一同」のようにグループ名を表す名称だけを書き、別紙に一人ずつ名前を書いて中袋に紙を入れます。

 

個別の金額は書いても書かなくてもどちらでも問題はありません。

中袋には代表者の住所を書きましょう。


〇連名でお香典を出す際に中袋に入れる明細内訳の書き方例

4名以上でお香典を出す場合、表書きに「〇〇一同」に書き、別紙に右記のような内容を書き中袋に入れます。

 

友人一同の場合は、あとでご遺族様がお礼状を書けるよう一人ずつの住所及び連絡先を明細に記入しましょう。


〇会社関係としてお香典を出した場合

一般的に会社名のみの表書きはあまりありません。

 

取引先の方が亡くなった場合でも、ご遺族様に対して故人様との関係性が伝わるように右記の写真のように書きます。


〇会社関係・団体グループ・友人等の連名でお香典を出した場合

表書きには右記のように書いてもよろしいですし、「〇〇の会一同」や「株式会社〇〇経理課一同」のように、全体の名称だけを書き、一人ずつのお名前などは別紙にて書いて、中袋へ入れます。

 

個別の金額を書いてもよろしいかと思います。

中袋には代表者の住所を記入しましょう。

御香典の中袋・中包みの書き方

中袋には、住所・氏名・金額を筆ペンなどで書きましょう。

小さい字で筆では難しい場合はペンでも良いです。

中袋に、漢数字(壱=一、弐=二、参=三、阡=千、萬=万、圓=円)で金額を書き、住所と氏名を書きます。住所は省略せず、郵便番号から書きましょう。
(例えば5000円の場合には、金五千円、金五阡円または金伍阡圓などと書きます。金額の後に「也(なり)」はつけてもつけなくても構いません。)

喪主側が表袋とは別々に管理しますので、表袋に住所を書いたとしても、しっかり記入してください。整理する側の負担を少なくしましょう。

御香典の相場

大概のお客様はいくら包めば良いのか悩んでしまいます。

そこで、当社がご提案する目安金額がございますのご参考になれば幸いです。

 

〇香典の相場(ご遺族様・ご親族様の場合)

贈り先→お香典の相場

・両親→100,000

・祖父母→10,000~20,000

・兄弟、姉妹→30,000~50,000

・叔父、叔母→10,000

・その他の親戚→10,000

 

〇香典の相場(知人や会社関係などの場合)

贈り左記→お香典の相場

・友人、知人→5,000~10,000

・友人、知人の家族→5,000

・隣、近所→3,000~5,000

・勤務先社員→5,000~10,000

・勤務先社員の家族→3,000~5,000

・取引先関係→5,000~10,000

 

お香典を包む際に新札はなるべく避けたほうがよろしいでしょう。なぜかといいますと、新札だと「わざわざ準備してある」と思われ、「まるで不運を待ってるんじゃないか」というような気持ちにさせてしまう恐れがございますので、出来れば新札でないほうがよろしいかと思います。