ここでは神式の一般的な葬儀の手順を紹介しております。宗派等によって多少異なる点がございます。

全体の主な流れ

1.もしものとき(病院又は警察等)

・葬儀社へ連絡

寝台車でお迎えに伺い、その後寝台車にてご自宅へお送り

 

2.ご自宅

・葬儀社が枕直しの準備をいたします

 

3.枕直しの儀

 

4.帰幽奉告

・神棚や祖霊舎(みたまや)に向かって神主(神職)が帰幽(亡くなったこと)を奉告(お伝えします)。

・帰幽奉告の後、神棚・祖霊舎に前面部に白紙を張ります。これを「神棚封じ」といいます

・神棚封じは五十日祭の忌明けまで続きます

 

5.神葬祭の打合せ

葬儀社と日時及び内容等の打合せをいたします

・納棺の日時の打合せをいたします

 

6.納棺式

 ・打合せをした日時に葬儀社がご自宅へお伺いし、納棺式を執り行います

 

7.祭場

・ご自宅~祭場まで故人様をお送りいたします

※地域や習慣等により多少異なりますが、主に通夜祭当日にお送りする場合が多いです

 

8.通夜祭及び遷霊祭(せんれいさい)

 ・早い方で開式予定時刻の1時間前くらいにいらっしゃる方がいますので、喪主様は1時間半前あたりにご来場される方が多いです

 

9.通夜振舞い

・ご遺族様及びご親族様は閉式後に通夜振舞いの場へ移動します

 

10.葬場祭

 ・通夜式同様喪主様は1時間半前あたりにご来場される方が多いです

 

11.出棺

 ・火葬場へ行かれるお客様は自家用車等にて火葬場へ移動

 

12.火葬祭(火葬場)

・到着しましたらお棺を火葬炉の前に安置して神饌をお供えします。神主が祭詞奉上し、ご遺族様は玉串奉奠及び拝礼の後、火葬いたします

 ・収骨のお時間が整うまで控え室でお休みいただけます

 

13.収骨

 ・収骨の準備が整いましたらスタッフがご案内いたします

・収骨の後は直会の場へ自家用車等にて移動

※直会をされない方はご自宅となります

 

14.直会(なおらえ)

・直会の後はご自宅へ帰家します

 

15.帰家祭

・火葬を終えたご遺族様はご自宅にて門口で神主のお祓いを受け、手水を使い、お清めの塩を撒いてからご自宅へ入ります

・最後に神主が無事葬場祭を終了したことをご霊前へ奉告します。

・葬儀社が後飾り等の準備をさせていただくため、ご自宅へお伺いいたします

 

16.埋葬祭

 ・いずれかに執り行う場合が多いです

(十日祭・五十日祭・一年祭)

※五十日祭に埋葬祭を執り行う場合が非常に多いです

通夜祭の主な流れ

1.祭場にご来場

2.開式予定時刻まで休憩

3.お客様へ事前案内

4.開祭

5.随時スタッフがご案内

6.閉祭

7.通夜振舞い

※会葬者は玉串の後に通夜振舞い

※御霊遷しの後に玉串を奉奠します

葬場祭の主な流れ

1.祭場にご来場

2.スタッフのご案内まで休憩

3.お客様へ事前案内

4.開祭

5.随時スタッフがご案内

6.閉祭

7.有の場合繰上げ十日祭霊祭開祭

※地域・習慣・宗派により異なりますが、神社様・ご葬家様の協議の上、告別式のすぐ後に十日祭霊祭を一緒に執り行う場合があります

8.繰上げ十日祭霊祭閉祭

9.ご遺族様あいさつ

10.お別れの準備

11.お別れ

12.出棺